« 上一篇下一篇 »

両獅子は表してどのように時間を加減します

日本の東方双の獅子の腕時計は比較的もっと前に国内市場の腕時計のブランドに入るのです。ブランドは1901年に創立して、1964年に東京のオリンピックの政府として時間単位の計算のオリエンタルが完全の自動機械が表しを主なにすることを指定しのでことがあって、現在のところの中国市場の販売するオリエンタル、90%は機械のモデルです。次に腕時計の家は両獅子を紹介して表してどのように時間を加減します!


1、手動の上弦のチップの腕時計はできるだけ毎日同一時間の上弦に一回あるべきで、腕時計未来に24時間運営する十分なエネルギーがあります。


2、自動上弦のチップの腕時計、そのエネルギーはつける者腕のスポーツに生まれて、だから正常につけて状況で手動の上弦がいらないで、つける者運動量がぜんまいの補充がエネルギーが十分な時に足りないためしかなくて、手動の上弦の方法を採用して補いに来ることができます。


3、40時間のつけたことがない自動上弦を上回って機械的で表して、再度つけるべきな時、冠を表しを20周回して、再度チップの駆動装置をスタートさせるで。


4、普通な機械式ウォッチのが時器を加減するのは抜き出す2段のことができるのです。第1段は期日と週を加減したので、第2段は時間を加減するのです。例えばもとの時期に土曜日、15号(日)で、今週を変更して、時計のが時器を加減するのを第1段抜き出して、それから上へ回転して、もとは土曜日に日曜日になりました。もしも時間を加減して、時器を加減するのを第2段まで抜き出さなければならなくて、上へ回転して、この時の時間の3時半に4時(点)を加減しました。


5、すべての時間、期日、週調整し終わった後に、時器を加減するのを必ず押しもどしを覚えていなければならなくて、ずっと最も底部を押して、このように調整し終わりますと言えます。