« 上一篇下一篇 »

機械表購入攻略編

(1)全鋼と半鋼

機械の腕時計は全鋼と半鋼の腕時計の区別があります。全鋼、半鋼とは、腕時計の外側の材質を指します。全鋼表は、ケースとカバーがステンレス製です。一方、半鋼の表殻は銅質のクロムメッキで、後蓋はステンレス製です。両方ともムーブメントの品質とは関係がありません。

(2)表のドリル数

多くの文字盤にはこのIWCスーパーコピー表のドリル数(例えば21ドリル)と周波数数(例えば21600)が刻まれています。ドリルの数の多さはメーターの品質を測るマークの一つです。表の機能によって、普通の機械式の腕時計は17-19ダイヤモンドを要求して、自動表は25-30ダイヤモンドを要求して、多すぎるドリルは時計の性能に対して作用しないで、普通は装飾の作用だけを発揮します。しかし、腕時計の周波数は高ければ高いほどいいです。その周波数は渡して1時間ごとに揺動する回数を指します。周波数は18000回以下の人は低周波の時計(スロースイング)、21600回以上の人は高周波の時計(クイックスイングテーブル)です。周波数が高いほど、歩く時が正確です。

(3)機械表の種類

機械表の種類は普通の表とカレンダーと自動表と機械カレンダーの自動表があります。機械表にカレンダー装置と自動装置を追加します。日付だけが表示される単一のカレンダーもあります。カレンダーやカレンダーまでが表示されるダブルカレンダーもあります。

自動時計は腕の動きで時計機の自動ハンマーを動かし、自動装置の動きをバネに巻きつけて、歩く時を動かします。自動巻きも全自動と半自動の区別があります。全自動はどの方向にも運動してねじを巻くことができます。半自動はシングル方向の運動をするだけでねじを巻くことができます。後者は現在淘汰されました。生産していません。新しい自動表は全部自動表です。