« 上一篇下一篇 »

ロンジンウォッチの洗浄・メンテナンス問題

一長時間日に焼けないようにします。色褪せないようにします。

二ロンジンをラジオやテレビに置かないでください。

水、湿気との接触を避け、変色や変形を防止する。

四ロンジンを樟脳丸のあるクローゼットに入れないでください。ガソリンが変質しないように。

五角い革は浸透性があります。脂っこいものと化粧品との接触を避ける。

六むやみに表の後蓋を開けないでください。ほこりが芯に入ってロンジンの正常な仕事に影響しないように。

七長期保管していない腕時計は、毎月定期的に発条し、部品を長期にわたって静止状態にしないようにしてください。

ロンジンを着用する時、手の汗は殻に腐食性があります。柔らかい布で汗を拭いたり、ビニールシートを敷いたりして、汗による浸食を防ぐべきです。

九長期保管していないロンジンは毎月定期的にねじを巻くべきです。クオーツウォッチは表を芯に引き出して、部品を長期にわたって静止状態にしないようにします。