« 上一篇下一篇 »

異色のエナメル腕時計をお勧めします

13年春の到来、よろよろとして、多くの人が待ちきれないほど重厚な綿入れを脱がそうとしています。軽装をまとい、春を輝かす風采を身につけています。新しい年の始まり、春は遠くないですが、なかなか姿を見せない草花たちはまだ目覚めていないようです。喜、次はエナメル腕時計5つを鑑賞して、13年春の奥妙を体験してみてください。

文字盤に展示されているのは池の中の蓮の花の満開の様子で、色彩の融合によって図案を描画する構造で、パネライコピー女性の友達に愛されています。文字盤は銀のタイヤをつねって金の糸を燃やしてエナメルを作っていますので、価格は比較的高いですが、このようなエナメルリストにこのような価格がぴったりだと思います。