« 上一篇下一篇 »

パリの美爵芸術の美、儒雅な男性の貴族気質

ルーブル美術家、パリのルーブル美術館の記念

パリの美爵MATZO PARISルーブル美術館の記念腕時計のデザインはルーブル美術館の古典主義建築スタイルからインスピレーションを受けています。矩形の表殻はおっとりしていて、宝藍色の針は白い文字盤を飾り、ダイナミックな雰囲気を演出しています。ターゲットの王冠のデザインは腕時計の非凡な王室の血統を明らかにしています。このモデルは外観が素朴で趣があって、窮屈な混雑感がなく、伝統と現代が完璧に結合しているルーブル建築群のようです。パリの美爵MATZO PARSISが現代的な器物と伝統的な美学を融合させた芸術表現のレベルを完璧に表現しました。パリの美爵MATZO PARISの腕時計の代表作の一つです。

パリの美爵MATZO PARSISスイス工場からの精密な製造は、細部がきちんとしていて、パリの美爵MATZO PARISのリーン生産の仕事態度を表しています。ルーブルの平面芸術のケースデザインは落ち着いた端方基調を表しています。パリの美爵MATZO PARSISはロンドンの大本鐘の数字標識に美学元素を添加しています。パリの美爵MATZO PARIIS専用の埋め込み式の針が窓を華やかにするのが適当です。パリの美爵MATZO PARIS経典人体工学表の背計は人を基本にしています。翔動、パリの美爵MATZO PARIS経典の宝藍の針は静かで落ち着いていて、宝石は王冠を象眼して血統を体現していて、弧形のサファイアはまぶしい鏡の面を防いで柔らかくて透明で、手でワニの紋様の本革のベルトを縫って調和がとれています。腕時計に内在する1069 RONDAクォーツムーブメントと6宝石ベアリングは正確な記録時間を保証します。