« 上一篇下一篇 »

割れやすい矜持の玉腕時計

長い間、玉はその美しさから特別に珍重されてきました。特に中国では、玉が幸運をもたらすと信じられています。中国の古語に「黄金有価玉」という言葉があります。

「良質のダイヤモンドと良質の玉を一緒に置けば、中国のお客さんはその玉にもっと注意を払うに違いない」とバンスアジア取締役社長の陳楷遜さんは8月のインタビューでこう言いました。

しかし、このような高級アクセサリーの中で重要な素材に属する宝石は、壊れやすいので、腕時計メーカーにあまり好かれていません。陳楷遜さんは言います。「一つの玉を均質な薄片に削るのは簡単ではないです。小さいサイズの目盛りマークを作ると同時に、傷がつかないのも難しいです。」

損失量は大きいかもしれません。割れやすい問題はまれで、硬い硬い玉と比較的柔らかい、よくある軟玉の中にもあります。

しかし、中国市場の地位がますます重要になり、いくつかのハイエンドブランドが今では玉で腕時計の文字盤を作り始めました。

2010年にディオール(Dior)は女性用のクオーツシリーズを発売しました。文字盤は様々な色の宝石で作られています。緑玉髄、緑松石、蛇紋石、翡翠などを含み、「La Mini D de Dior」シリーズの一部としています。「Mini D」シリーズの腕時計は19ミリ(0.75インチ)の小さい表面しかありません。無地の文字盤には数字と他の目盛りがありません。鋼鉄のケースは白、黄色、またはピンクゴールドです。枠の丸い縁と表の冠には71個の重さ0.46カラットのダイヤモンドがはめ込まれています。