« 上一篇下一篇 »

激しい炎のゲームの下の巧みな工芸の3項の大きい明るい火のエナメルの腕時計は推薦します

エナメル装飾芸術は歴史が古く、ルネサンス期から時計に応用されてきたが、今でもその優れた伝統技法が用いられている。大明火エナメルはその中の一種の希少な工芸として、極めて高い温度で焼成され、芸術と工芸に対する要求はかなり厳しいです。完璧な色にしたいなら、色を塗る過程は浅いから深い、暖かい色調から始まる順に、毎回同じ色の色をして、一つの色が終わったら800度の窯に入れて焼いてエナメルを溶かして、取り出したら自然に冷却して、冷却してから色を三回繰り返してこそ、色の正確性が保証されます。今日は大明火エナメルの腕時計を3つ紹介します。一緒に炎の下のすばらしい工芸を味わいます。


アコードのこのタイプの月相腕時計は伝統的な製造技術と最新の科学技術を融合させ、ブラックの「Grand Feu」の大明火エナメルの文字盤を採用して、色のテクスチャが独特で、文字盤の縁に日付の数字が印刷されています。12時の位置には曜日と月の表示があります。腕時計の直径は43ミリで、18 Kの赤金の材料を使って作っています。時計盤の6時位置の月相には、8本のバラの金立体星の周りがあり、中央にうねるカレンダーの先には、三日月のデザインが施されています。この腕時計は、Cal.553 L 2の自動上鎖ムーブメントを搭載し、68時間の動力保存が可能です。