« 上一篇下一篇 »

機械は毎日まぶしい何の下で表しますか?どのように作ってようやく機械的な表示器を譲ることができる時正確です

機械の表す製作費が石英の時計と電子時計より高いため、故に機械は表しても多くの時計の友達の最も重要な追求の目標になりました。機械は表して価値の高を収集して、それの比較的主要な特徴は動力を持たないで、ぜんまいを十分補充して正常に運行する現象に達することができるの。だから機械的な時計をつける時特にぐらぐらしなければならなくて、持続的にぐらぐらして機械に内部の振り子陀を表して動き出させる、それによって動力を提供して、腕時計を自動的に運行させます。それでは問題は来て、機械が表すのが毎日揺り動かさなければならない何の下で良いですか?次に万は小さく編んでみんなに詳しく1回解析するのを表して、各位のこのため悩み煩っている表す友達達まで(に)手伝うことができるのを望みます。

一、機械は毎日まぶしい何の下で表します

もしもあなたの腕時計はすべてで自動機械が表すので、みんな毎日わりに良いのをそのように提案するのは3000~6000揺り動かす下にことができるのです。正常に言って、1分の私達は上から下まで百の下でぐらぐらすることができて、このデータの計算する話によって、1時間6000揺り動かす下にことができて、30分3000の下で揺り動かすことができます。だから類推して、ぐらぐらする時間はもっと長くて、それでは腕時計の貯蓄する動力が越えるのが多くて、それではそれの維持する運走する時間も越えるのが長いです。

それ以外に、もしもあなたがとても過ぎたくないのが面倒で、みんなにも手動の上弦の方法を通じて(通って)動力を提供することができに来るように提案して、この方法は効果的にあなたのぐらぐらした時間を減らすことができます。もしも普通の機械的な時計はぜんまいを十分補充して、それはあなたの1日の24時間の正常な運行を確保することができます。

二、機械は表して毎日すべてねじをまかなければなりません

自動機械が表すのがぜんまいを十分補充する腕時計をつけるのだ時必要な操作順序に、普通は、もしも一回は手動でぜんまいを十分補充して、つける者の4~5日のを維持して正常につけることができます。しかし前提の下は協力するつける者のを要してふだんぐらぐらして、こうなると腕時計の毎日の正確率は保証があります。だから機械が表して毎日ぜんまいを十分補充することができる必要はなくて、ふだんスポーツがあるのでさえすれ(あれ)ば、腕時計も正常に運行したの。