« 上一篇下一篇 »

貴重品のオークションロレックスが北京に登場しました

スイスに行ってロレックスの名前表を競りたいなら、スイスに直接来てもいいです。北京でこの機会があります。先日、スイスの有名時計の収集家のモンダニさんが、20年余り大切にしていたロレックスの腕時計400個余りを持って北京に登場しました。腕時計を持った個人博物館のようです。あなたが望むなら、見学だけでなく競売もできます。

2006年の個人名表の競売についての世界展示会

豪邸の煌めく光

2006年3月19日、「ファッションタイム」誌社とスイス安帝古倫競売会社が共同主催し、「ファッションハウス・買い付け」メディアが協力して支持した「2006個人名表競売世界プレハブ(北京)巡回展」が北京の「皇城の中の極上豪邸」NAGA上院で開催された。豪邸に名表と相まって、いつも人には名状しがたいあこがれがある。

これは建国以来、国内で最も盛大な時計の競売の予定展で、展示品の見積りは6万から300万元までで、全部で400余りで、全部で天文数字に近いです。北京での展示後、これらの腕時計は上海で二日間展示されます。

展示の背後には安帝古倫のオークション会社のたゆまぬ努力があり、唯一の時計の競売専門会社として30年間にわたって、安帝古倫は前回の競売会で次々と表壇神話を作り上げました。56本の腕時計は主要な公開オークションで100万円のスイス・フランの価格を撮影しました。その中に44個がアンティーク・グレンだけで競売にかけられました。2002年には、驚きの660万スイス・フランの成約価格(403万ドル)で、1939年にプラチナで作られたバダン・フィリップの腕時計が撮影され、世界腕時計価格の競売最高記録を更新しました。

安帝古倫会社は予定していた展覧都市はジュネーヴ、ミラノ、上海、香港、東京、ニューヨークです。しかし、中国の腕時計の巨大市場は北京駅の増設を決め、コレクターたちの切迫した願望を満たしています。中国の時計愛好家にとって、世界博覧会は流れているロレックス博物館のようです。一人一人の見学者に遠出することなく、世界で最も珍しく、最も貴重なロレックス時計を味わうことができます。