« 上一篇下一篇 »

宝石大手の周大福毛利率が下落した

金九銀十」が過ぎたばかりで、香港系のジュエリー大手の周大福さんは中間成績表を渡しました。最近、周大福は中間業績を発表し、純利益は32.2%下落した。また、今月から周大福の創設者である鄭裕彤が非執行取締役を退任すると発表しましたが、名誉主席として留任されました。

周大福中報によると、2012年9月30日現在、会社は254.36億香港元の売上高を実現し、前年同期比6.5%増となったが、同店の売上高の落ち込みと毛利率の低下の影響で、期間内利益は同32.2%から18.25億香港元となり、市場予想を下回った。

周大福氏は、中国本土での売上高の比重がさらに増加すると予想し、さらに二次的な内陸都市に小売店を増設する。