« 上一篇下一篇 »

腕時計はどのように消磁して、腕時計の消磁するいくらですか?

磁場は腕時計の天然の“キラー”で、腕時計にその影響を受けやすくて、使うにひどい影響(例えばひどいののが現象などに止めていく)をもたらします。この時腕時計は必ず消磁を“手術”行わなければならなくて、次に腕時計の家はみんなに腕時計はこのがどのように消磁するのを教えに来て、腕時計が消磁するのがいくらでしょう!

もしも腕時計は磁気を受けて、普通の状況の下で幸運だのが速くなってで、もしも(ひどい会が止まっていく)空中に垂れる糸は間を閉じ込めて吸い込んでいっしょに貼ったら、あの腕時計の行ったのは更に速くて、大体2つ近くの時間/日左右、鋼質の部品は最も磁気を帯びやすくて、雁木車を覆って捕らえるのとばつを跳躍して、空中に垂れる糸がまだあって、磁気エネルギーは車輪のを並べて周期が震動するのを影響して邪魔します。今のところから中に立って、強い磁気の場は至る所わかって、最も典型的なのは手提げかばんのクレバークラスプで、どの1つの物品がアルミ鉄のホウ素がしたので、磁力の大きいのがすごくて、各種の電気器具がまだあって、だから、腕時計は気づかない磁化やすいですに。

最も簡単な判断の方法は1つの鋭敏な羅針盤を使うので、平らに置きます。しかる後腕時計およそを迅速だまで繰り返して少し羅針盤の上方を過ぎて、このような動作はまた(まだ)需要は表しを多くいくつ(か)の方位に変動して、また重複してい施行します。羅針盤の針は動いたのでさえすれ(あれ)ば、腕時計がすでに磁気を受けたのを表明しました。