« 上一篇下一篇 »

レーダーの全体の陶磁器の腕時計はどう腕時計のバンドをはずす

全体の陶磁器はレーダーの腕時計の1つのシリーズで、それは名前をあげ始めて“ハイテクの陶磁器”と言って、宇宙飛行の材料だと言えて、質は軽くてかたくて、高温、防食と磨損を抵抗する、比較的恐らく転んで当たって、今国内は似ている製品もあって、使った陶磁器の品質がわりに劣るで、更に発生しやすくて割れます。 だから使用の時注意して、次に腕時計の知己の阿九はレーダーの陶磁器の腕時計を紹介するにどう腕時計のバンドをはずす!

これらの腕時計のバンドは節(つ)に解体して行く時、その特徴に注意して、それは通常の腕時計のバンドのようだそのようにしないで、すべての腕時計のバンド祭が行ってすべて棒状の金具あるいはボルトがあって、ただ腕時計のバンドの両端が最初の上にあって、そのためそれは1つ1つが互いにかぶせて頭を捧げているまた閉鎖的だです。祭に解体していく時、腕時計のバンドの上で矢じりによって方向を指示して、鋼でほんの少しに向っていちばん栓を出して棒状の金具をつないで、その腕時計のバンドの構造の中にまだ位置付けの油田鋼管がなくて、棒状の金具を取り出すことができやすくて、ただ使った鋼が太さに突き進むのが適切で、腕時計のバンドは専用の支柱で上がってきて操作に立たなければなりません。 棒状の金具を捧げて取り出すのでさえすれ(あれ)ば、腕時計のバンドは環状から切って、残ったのは祭に行くで、人によって違って、通常新しく表す情況は4分の1祭に行くので、もしも偶数の情況で、あの需要はそれぞれ腕時計のバンドのが2段上り下りしてからすべて切除して、そうでなければ腕時計のバンドは1匹の長い一端が短いがのできて、留め金も中に立ちません。

全体の陶磁器のレーダーの腕時計の腕時計のバンドが2段上り下りする中で、それぞれまた(まだ)それぞれ1幅の比較的狭い祭がいて、“半分節(つ)”に見なすことができましょう、腕時計のバンドの長さの細密調整をする時、同じくどの“半分節(つ)”のが取り除きをことができて、このような腕時計がつけ始めるのはようやく更に心地良いことができます。 陶磁器の腕時計のバンド祭が実際のカバーに似ていて、その内に芯はステンレスの接続盤があって、注意深く陶磁器の腕時計のバンド祭を観察して、引き分けするを比較しながら、別に、少しになり、は外面へこれが設置の時間違えないでくださいべきな弧度のそれがある弧度があります。