« 上一篇下一篇 »

機械と時間の魅力を味わい、沛納海LUMMINOR 1950陀飛輪両地時間チタン腕時計

見えない時間を腕の間に見せることができるのが、腕時計の根本的な魅力です。その代表的なトビの腕時計はもっとそうです。精密な構造はもちろん、リズム感のある走りを耳にするだけでも、大きな楽しみです。2018年、イタリアの有名な時計ブランドの沛納海はSIHH時計展で38ミリのLuminor Dueシリーズの腕時計を初めて発売したほか、複雑な計2つを私たちの前に現れました。このうち、Lo Scienzatooという腕時計は3 D立体印刷技術でチタン金属のケースを作り、ドラフト装置を搭載したP.2005/Tクリアムーブメントを搭載した沛納海LUMMINOR 1950陀飛輪両地時間チタン金属腕時計は、クラシックなデザインと精巧な盤面レイアウトで、深い印象を残しました。


沛納海が好きな友達はこの盤面の透かし彫りの設計に慣れないと信じていますが、実は2016年にブランドは直接金属レーザー焼結技術を採用したLo Scienzato腕時計を発売しました。新しいモデルはオリジナルの特色を残しているほか、外観の細部も相応の調整をしています。ディスク面に青い針を搭載し、チタンの金属ケースの金属色と優雅にマッチしています。黒い革のベルトの縫い目は同じ青で動きを見せながら、腕時計に使われているクリエイティブテクノロジーとの相性もいいです。