« 上一篇下一篇 »

経典の作品鑑万宝龍ニコラス・凱世単ボタンクロノグラフ

万宝龍のスターシリーズニコラス・凱世単ボタンクロノグラフは万宝龍の最も代表的なモデルの一つであり、その独特な面盤デザイン、偏心した主文字盤及び計時の副表盤レイアウトは、絶対に忘れられない且つ識別度が高いです。

今年、万宝龍は新しいスターシリーズのニコラス・カイ世ボタンクロノグラフを発売しました。1821年に初めてインク式タイマを発明したフランスの時計の大家、ニコラス・カイ世に改めて敬意を表します。

前作に比べ、新デザインの腕時計(モデル:118537)は、美耐華の懐中時計からインスピレーションを受け、斬新なデザインの円形のケースの直径44.8ミリ、デザインを新たにした銀色の文字盤は、レイアウト分布が調和しており、細部の制御面もより細かく、腕時計全体がより優雅になっています。腕時計にはマーブルオリジナルMB R 200のチェーンムーブメントを搭載しています。