« 上一篇下一篇 »

腕時計がすり減ったらどうすればいいですか?

腕時計は時間を計るのに便利で、装飾にも役立ちます。ですから、私たちの生活の中で着用するのが大好きです。でも、長く使うと、どうしても摩耗してしまいます。じゃ腕時計がすり減ったらどうしますか?下の腕時計の家に教えてあげます。

1、一つの腕時計の最も重要な核心はムーブメントで、たとえ中古の腕時計や骨董品の腕時計であっても、その芯が強いと、全く新しい時計に劣らないです。しかし、時計は微小精密な機械計時装置として、長期使用による摩耗も大きいです。

2、腕時計の磨耗部位は普通は針と弦に集中しています。一番典型的なのは板金の軸眼が磨かれてずれています。研ぎ、軸の穴が楕円形になっています。こうすると、ねじを巻くと、車輪が力によって傾いて歯車のかみ合いが変化し、ひどいのはよく歩けなくなります。だから、定期的に針と弦を点検して時計の専門業者達の必修科目になりました。

3、初期の腕時計は、主なサンドイッチの中心穴にドリル穴を入れず、中心の穴が最も磨耗しやすい部位であり、時計の分針をよく観察すると、針を回す時、分針が回転しています。針の先端は明らかに高い位置にあります。この180度とは別の位置が低く、高い時、秒針が磨かれている可能性があります。こすり、低い時は盤の字とこすり付くかもしれません。これはメインプレートの中心穴が磨かれているということです。この問題は修理にパンチを使って板金を押しつぶしてこそ、修復できます。