« 上一篇下一篇 »

男性の機械腕時計の精密な鋼帯はどのようにメンテナンスしますか?

普通のスチールベルトの腕時計はベルトの腕時計より寿命が長いですが、スチールベルトの腕時計のメンテナンスは無視できません。手入れが間違っていたら、メンテナンスで有名なスチールバンドはあなたの身だしなみに大きな減点を与えます。男の腕時計の精密なスチールバンドはどのようにメンテナンスしますか?腕時計の家は皆さんに教えてください。

1、ベルト表の装着が長くなり、表節の継ぎ目やテープ面に汗跡と汚れが混ざった汚泥が悪臭を放つ。このような物事の様子に出会う時、柔らかい毛の歯ブラシを持って少しのひげの練り歯磨きあるいは清潔剤をつけてそっとバンドと縫い目の所をこすることができて、これから清水で洗い流して、毛の綿布で拭いた後に送風機でバンドを吹いて乾かすことができます。

2、掃除の過程で、どんなに注意しても、まだ水が染み込む余裕があります。時計のベルトを掃除するために時計の体を水に入れたら、損することができます。やはり時計を運転手に任せて整理してもらいます。

3、金属バンドは濡れ(水、汗など)して処理しないと錆びやすいです。金属のさびや汚れは、縫い目からにじみ出て衣服を汚したり、皮膚のアレルギーを起こしたりしますので、表や清水を外して洗濯した後、布で縫い目を拭いてから付けてください。また、潜水表の「上岸」を水で洗い流してもいいです。化学薬品を使うとかえって傷つきやすいです。

4、バンドに傷がありましたら、どうすればいいですか?時計店で「K金拭きシート」を買って自分で処理してもいいです。傷が浅いと除去できます。定期的に保護して養生する時にもう一度修理師によって徹底的に整理してもいいですが、もし身体が壊れたら、重い人は先生に預けなければなりません。