« 上一篇下一篇 »

スイス腕時計購入攻略

スイスは腕時計の発祥地です。今、スイスの腕時計といえば、知らない人はほとんどいません。ロレックス、オメガ、ロンジンなど、よく知られているブランドは全部スイスから生産されています。スイスで時計を買います。デザインは国内より多くて、価格も安いです。それで多くの人がスイスに時計を買いに行きます。このため、腕時計の家はスイスの腕時計を買うつもりの友達にいくつか提案をして、結局大部分の人は相場を知らないで、書いてもみんなにできるだけ少なくいくらかのむだ金を使うことができます。次はスイスの腕時計を見て攻略を買ってください。

腕時計を価格に応じて5つの等級にまとめる:2 K以下、2 Kから1 w、1 wから3 w、3 wから10 w、10 w以上。

a.2 K以下の基本的なオススメブランドは何もありません。唯一注意すべきのは価格が2 K以下のスイスブランドはどれも買う価値がありません。

b、2 Kから1 wの区間で順次ブランドを推薦します。ティソ、ロンジン、オメガです。ティソは現在市場で買える最も安い正統スイスのブランドです。ロンジンの価格は大体ティソより高いです。オメガはロンジンより高いですが、1 wの腕時計はできるだけ香港に買いに行きます。上記の三つのブランドを除いて、この価格帯で他のブランドは買わないでください。彼らがスイスのブランドだと言っても買わないでください。他のブランドを買わないといけません。エミー、Mido、Orisの3つのブランドを紹介します。

c、1 wから3 wの区間は実は一番気まずいです。上が足りないより下が多いです。総合すると、TAG Heuerは初めてです。製品ラインが豊富なので、OMEGAのハイエンドシリーズもいいです。できるだけ香港に行って時計を買います。

d、3万から10万までの区間の品種が多すぎて、選択しにくいです。まず押したのは間違いなくロレックスです。成功した男は必ずRolexを作ります。Rolexは俗っぽいと言われています。問題は「不俗」な腕時計を持ち出しても、ほとんどの人が見覚えがないです。他のブランドはIWC、積家、芝柏、カルティエ、伯爵、ショパン、昆仑、宝パー、百年霊などがあります。この値段の腕時計は必ず香港か日本に買いに行きます。

e、10万以上の腕時計はコレクションに適しています。