« 上一篇下一篇 »

パマキニは腕時計の面白さを除いてもHigh!

スイスのジュネーヴには、この音楽祭のイベント、モントルーのジャズフェスティバル(Montreux Jzz Fentival)がある。6月29日から7月14日まで、第52回モントルージャズ音楽祭がスイスジュネーヴで行われ、多くの有名なミュージシャンや音楽愛好家が訪れた。今回モントルーのジャズ音楽祭とコラボしたのは、スイスの有名な制表ブランドパマキニと、腕時計の家の足どりに従って、会場に行ってパマ強ニが音楽祭をどうやって回るのか!

モントルーのジャズ音楽祭が初開催されたのは、先月の1967年、当時はたった1つの3日間の音楽活動だった。今日になって、モントルーのジャズ音楽祭は、16日におよぶ盛典となった。「ジャズフェスティバル」と呼ばれていますが、テーマはジャズ、ブルー、ロック、世界音楽、トーク、電子、ポップな音楽など様々なジャンルがカバーされています。

腕時計の家はパマ強ニの誘いを受け、スイスに来て、モントルーのジャズ音楽祭の音楽を感じた。パマ強ニは、モントルーのジャズ音楽祭と提携して11年になり、11年にはモントルー音楽との縁は中断していないが、パマ強がブレーキを止めたことはなかった。