« 上一篇下一篇 »

冬に時計を持ってちょうど夏に帯をつけたらどうするのですか?原因は何ですか

「夏の鉄帯、冬のベルト」という言葉がありますが、夏には腕時計をつけなければならないという意味で、冬にはベルト時計をつけなければなりません。でも、本当にそうしますか?夏にベルトをつけてはいけないので、冬にはテープをかぶってはいけませんか?もちろんではありませんが、事実上、いくつかの人が何かを選択する時は完全に好みに基づいています。しかし、コストを考えると、夏はベルトをつけないほうがいい。夏の汗などの浸食がベルトの寿命を大きく縮めてしまうので、基本的に夏のベルトは臭く、完全に廃棄してしまう。冬は鉄帯をかぶっていて、冷たくなければ大きな問題はない。

カウンターではお客様に腕時計をお勧めする際には、基本的に鉄分時計を優先するのが一般的ですが、これは主にお客様のために考えています。バンドの腕時計はベルトの交換が容易で、その上コストが比較的低く、ベルト時計は鉄帯に換えて、鉄分よりベルトに換えてベルトに換えたものが多い。もちろん、これは主に実用性が強く、価格が特に高い腕時計ブランドではないことを指す。