« 上一篇下一篇 »

深く突っ込んでレディースの腕時計の進化の史を探求します

レディースの腕時計の歴史を回顧して、レディースの腕時計の需要は女性の第3アクセサリー、簡単に生活する時間単位の計算から探究性の複雑な腕時計の変遷があるに経験します。


1336年から、フランス、ドイツ、イタリアのなど地で居住する人々は“時間を見る”の習慣があって、この時、大多数の公共の時計は各地の大聖堂での壁面あるいは高塔端を適当な場所に置かれて、180年後に至って、ドイツの錠前を作る職人はぜんまい技術を発明して、そしてこの技術を利用して時計の体積を大いに縮小します。1510年、ドイツニュルンベルクの時計の職人のピーター・亨莱因(PeterHenlein)はこれらの“ぜんまいの時計”を“手の平が大きい”の懐中時計に製造して、これは1462年のイタリアの時計の職人よりずっとしなやかに弗雷は導かないで(BartholomewManfredi)のの“時計を抱く”たくさんに小さくて精巧になりました。


17世紀から、時計を抱いて(ポケットが表して、PocketWatch)ずっと主流で、貴族の勢力のある人達はそれを肌につけるベストのポケットの中で、時計の鎖第2あるいは、3つ目のボタン穴中で、装飾性効果に放置して時間を知らせる機能で遠大です。その後のメンズファッションは次第に伝統の観念を抜け出して縛りを始めて、様式は次第に簡潔で、豪華になって、今日のスリピースの洋服の様式のようで、同じく男達社交生活したのが下へ必要だに懐胎して生みます。ドレス、サファリ・ジャケットなどは流行っている西方の上流社会、ポケットの行為の服装を持ち物上で取って代わってはいけない機能性設計が次第に、縫製を使用させられて時、メンズファッションデザイナー達がいつも絶えず懐中時計の1面の鎖設計のボタン穴のためポケットの幅と大きさ、をよく考慮するのをそして、始めます。


しかし、女性のみなさんの服装は大部分がその時のしとやかな美女達1度“時間をつける”設計のポケット、がありません。第1匹のレディースの“腕時計”の言い方に関してフランスから来ました。1812年、ナポレオンのはらからの妹のナポリの皇后はブレゲに1モデルの設計を得て奇抜で時手っ取り早い腕時計の委託を見ることができるのを望みを出して、ブレゲもみごとに3持って機能を聞きを交付しだして、超薄のガチョウの卵の形は殻を表して、温度計と腕時計のバンドを添えて、毛と髪と金糸の編んでなる第1匹から“時間をつける”の腕輪のレディースの腕時計のことができます。ここから始まって、懐中時計は紳士の設計する時間の道具だけのためになって、つけて計略の上の腕時計で多数の女性のアクセサリーになります。