« 上一篇下一篇 »

同軸が縦に捕まるのはどの軸か

同軸捕りシステムは、イギリス製表大師ジョージ・ダニエルによって発明された。


1970年には、同軸捕りはすでに世に出ていたが、残念なことに、「石英危機」の衝撃のもとに、同軸に捕らえられた革新的なデザインは「不遇」だった。時計業界の勢いで風雲が定まらない場合には、同軸捕りにはダブルスやロレックスなどのブランドの積極的な対応が得られていないが、この超前かつ大きなリスクを持つ設計買い手がないため、オメガの「慧眼知才」まで、同じ軸になって縦に捕まる技術が実用化された。


同軸捕りの中心的な理念は、伝統的なバーワン式の縦のシステム(すなわち、フォークを捕らえて縦にする)の捕り縦とフォークの間の垂直摩擦と平行摩擦になり、その具体的な表現は主に3つある。その1つは、縦輪を捕らえて、伝統を単一に捕らえて縦輪を2つの縦輪の同軸に配置し、上層は副捕の縦輪となり、下層を主に縦輪を捕る。同軸とは、同じく縦輪を捕る軸である。その二、伝統の四輪(秒輪)と捕らえた縦輪の間に歯車が1つ増えている。秒輪と五輪はかみ合って、五輪は更に副捕の縦輪とかみ合う。その3つは、テッド式によって縦のシステムに捕らえられたユニバーサル・フォークを2つのフォークから三叉にし、その上に、クルーズに直接作用した振輪衝撃石を増やす。


実際の仕事では、行輪衝撃石は、直接かみしめて縦の輪を捕らえて、縦輪の縦輪が縦とフォークの中の衝撃の石を捕らえて、毎回衝撃を受けた後、縦輪はすべて縦とフォークの左右の衝撃石を捕らえられて固定されます。一般的には、遊輪衝撃石は、車輪の動きに従って、風船によって石を動かして縦断することによって捕まることによって、捕まることによって、縦の輪のロックと解放を実現することを制御し、その中には、縦とフォークの中にある衝撃の石が、副捕の縦輪に当たることを実現し、縦とフォークの両端にある衝撃の石のかみ合いを捕えることになった。強烈な衝撃。


このため、運動中は、短いスライド動作が接触面を小さくし、摩擦を低下させ、メンテナンスサイクルを延長する目的を達成して、走行時の精度を高め、機軸の長時間運行の安定を保証しました。