« 上一篇下一篇 »

西鉄城マザル光動能登山に新しい時計の動力が登場する

登山史では、世界最高峰のエベレストを征服した女性登山者、田部井淳子さんに「どこの山も一歩一歩」という格言がある。このような哲学は、間違いなくマージンProMASTerは常に堅固な時計の技術で地表の厳しい環境を迎えようとしており、極限の腕時計を引き取って新しい境地に入った最高の写照である。2013年にスイスBASEel表展で大ヒットしたクランク・プロントリーEco- Derchron - Cirrウス光動能旗艦の登山表を命名したように、マザージャパン本社設計マネージャーの井上英樹さんは、1万メートルの上空を流れる雲の線感を、最新作のデザインに持ち込む。高さ10 , 000メートル、深さ300メートル、指南針などの機能を検出するため、「史上初の美学設計概念を持つ光動能登山時計」を博した。