« 上一篇下一篇 »

腕時計が水に入るのはどうしますか

方法1:うっかりしてケース内に水を入れてしまうと、シリコンという粒の粒状物質が、積水した時計と一緒に密閉された容器に入れて、数時間後に時計を取り出し、積み水を全部消してしまう。この方法は簡単な経済で、表の精度と寿命に対していかなる損害もありません。すでに何度も吸水後のシリコンについては、120℃で数時間乾燥し、吸水力が再生可能で、何度も繰り返し使用できる。

方法2:もし水に入るのは深刻ではありませんならば、ただガラスの内に濃い霧があって、この時に何階の衛生紙や湿気を吸いやすい綿布で包んで、40ワットの電球の15センチの所から約30分焼くことができて、すぐ水気を取り除くことができます。表面を熱に変形させないように、時計を火に近づけて焼く。表は内、底の殻を左右にして、手首に逆らって、2時間後には水気が取れます。もし水に入るのがひどくなるならば、直ちに表店を送って油を拭いて、機軸の水分を一掃して、部品のさびを避けることを避けます。

方法の3:時計を内にかぶせて、底の殻が朝出して、手首に逆らって、2時間後に水気はすぐ消すことができます。もし水に入るのがひどくなるならば、直ちに表店を送って油を拭いて、機軸の水分を一掃して、部品のさびを避けることを避けます。

特に注意しているのは、電子時計が水に入った場合、直ちに電子を外しておくべきです。機械表であれ、電子時計であろうと、水がひどくなれば、すぐに修理しなければならない。