« 上一篇下一篇 »

目的格の腕時計の真偽がどうして目的格の腕時計を識別して真偽の目的格の腕時計がどうどう本当に偽りであることを見分けるかを見る

  腕時計は私達の日常のつけるアクセサリの中の一つで、同時に1つのとても手っ取り早い時間単位の計算の道具です。いっしょに自分の腕時計に適合するのが私達の全体の顔のボーナスポイントであることができます!しかし決してすべての人ではないのがすべて良い時計を買えて、だから多くの中・低収入の人の群れは中小の腕時計のブランドの方が好きで、目的格はみんなの最も好きなブランドの中の一つです。しかし市場の上の偽者もとても多くて、次に私達はみんなに目的格の腕時計の真偽がどうして識別するのを教えます!


1、LOGOを見ます


    腕時計の上LOGOを観察することができて、普通な名の表すLOGOは精密に細いをのの打ってつくりを通るで、大きい何倍を出してすべてはっきりしていアウトラインを見ることができてにも関わらず、偽造したのはこんなに巧みで完璧な技術に不足します。市場の上にたくさんの山中のとりでがあるため、模造品、そのためのlogo混淆で試聴するのが現れます。次の通りな図の左上は示して、目的格の英文は“BINGER”で、logoは1つの字母Bと1つの記号+の集めて一緒にしておく図案です。みんなは品物を本物に見せかけるにごまかさないでください、まずlogoがはっきり見えます。


2、腕時計のバンドを見ます


    腕時計のバンドで殻金属を表すことができても見分けるのが本当に偽りなことができて、本当に採用の18K金属を表して塗って、このような金属塗料は色が落ちにくくて、かつ抵抗するのが能力をそる良くて、偽造する普通は14K以下のを採用して、このような塗料の金属光沢がわりに劣って、比較的色落ちしやすくて、同時に爪でそっと吹いてと明らかな罫書きを残します。


3、機能を測定します


    多機能の腕時計の構造は非常に複雑で、自由に偽造することができるのではありません。もし多機能の腕時計、一部の機能が偽造することができないのため、だから一つ機能がテストすることができて、使うことはできなくて偽造するな多数機能がありを発見します。


4、ポインターを見ます


    これらが綿密にまた(まだ)ポインターを観察することができるを除いて、本物のポインターが厳格に審査したのを通っていかなるを残して設置することはでき(ありえ)ないのだ時の痕跡、偽造するポインターは普通はピンセットの使ったことがある痕跡を残します。