« 上一篇下一篇 »

何は月相の腕時計の月相の腕時計の名詞が釈明するのです

月欠ける曇って晴れな円があって、この現象を運用することができるのが腕時計の上まで(に)確かに1つの偉大な発明です。月相の腕時計の発明は時計と人々の文化に生活するように更に1歩進める結合代表して、最初この機能を運用して腕時計の上のが腕時計に対してまで(に)製造するきわめて素質のスイスからのルイ・ブレゲ先生がいて、彼は最初この機能を運用してブレゲの懐中時計の上に着いて、その後その他の表を作成するメーカーは次から次へと見習っても月相機能がある懐中時計をしました。

何は月相の腕時計です:

大多数の腕時計の時計の文字盤の上で6時に位置はあるいは12時に位置に1つの円形の小さい時計の文字盤があるので、中1つの月のアーチ形の図形に付いていて普通は月相機能の腕時計に付いているなこのようなマークのがあって、もちろんいくつかが10時位置あるいは2時の位置あるいはその他の位置の月相の腕時計にありがまだあります。三日月を見ていて、細い新月、上弦の月、突き出ている月、生後満1か月になって、間月、下弦月と残月は時計の顔立ちの上で循環して、手首の上で大空の宇の米を味わいます。