« 上一篇下一篇 »

ヨーロッパは腕時計を買ってどこに最も安くなりますか?ヨーロッパの腕時計を買う最も安い場所

出国は時計を買って、どうしてもスイスに行かなければならないとは限らなくて、実はスイスがモデルを表すがのがとてもそろっていて、しかし価格は決して安くなりなくて、最も良い選択はスイスの隣国で腕時計を買って、最大の割引をもらいに極力努めます。

ユングフラウ(Jungfrau)

ユングフラウで1つのカウンターしかなくて、確かな種類を表すのはそんなに多くなくて、しかし良い割引の価格ラインをもらうことができて、同一のモデルがスイスのそれぞれの都市での価格を表すのも同じではないで、まだ割引をしますとは言えません。例えはユングフラウで1対のロンジンを買って表して、9割現金を払って、92割カードで払って、また7.6の税を退きます。産地の異なる割引も異なるがため、しかしとスイスはやはり(それとも)比較的比較的割りに合いを比較します。

ルツェルン(Luzern)

スイスルツェルンの時計の行、基本的に中国人に攻め落とされて、いくつかの大きい一等地の旗艦が行を表すのはまったく中国人の天下で、また(まだ)深センマーケットの中国語の広告、中国語のサービスに着いたと思います。 いくつか外国人の店員の中国語もとてもたとえふさぐのだとしてもの中国語の店員があるだけではなくて、の1日目まで当日にちょうど聞くところによるとなんと国民に買い尽くされた時計店のパテック・フィリップがありました。

ウィーン(Vienna)

およそいくらかの日、人々はまた1つの重大な発見があって、オーストリアで腕時計を買ってヨーロッパのその他の場所に比べて安くなります。ガイド達の言いによると、オーストリアが単にペンに対して満7000ユーロを消費するため、税率を退いて15%まで達して、時計で多く8%ぐらいで大国のスイスを製造します。ウィーン歩行者天国の上で、そして時計を売る店鋪が多くなくて、2社しかない規模のがあって、その中の1家は多くの人のよく知っているWEMPEで、音訳して万宝になります。もしもパテック・フィリップを買って、まったく似ていないのがその他の物品を買う同じで、許可して選ぶことができるあって、従業員の普通で最も多い一回は2つ持って出てきて、良いデザインは見つかりにくくて、香港から1モデルしっかり見る友達があっのでことがあって、しかし香港は商品がなくて、ウィーンに着いて探すともやはり(それとも)商品がなくて、それから知って、このブランドの表は1年ただ3万匹ぐらいだけ産して、具体的に各型番に着くのが更に少なくなりました。