« 上一篇下一篇 »

何は月相の腕時計の月相の腕時計の名詞が釈明するのです

月欠ける曇って晴れな円があって、この現象を運用することができるのが腕時計の上まで(に)確かに1つの偉大な発明です。月相の腕時計の発明は時計と人々の文化に生活するように更に1歩進める結合代表して、最初この機能を運用して腕時計の上のが腕時計に対してまで(に)製造するきわめて素質のスイスからのルイ・ブレゲ先生がいて、彼は最初この機能を運用してブレゲの懐中時計の上に着いて、その後その他の表を作成するメーカーは次から次へと見習っても月相機能がある懐中時計をしました。

何は月相の腕時計です:

大多数の腕時計の時計の文字盤の上で6時に位置はあるいは12時に位置に1つの円形の小さい時計の文字盤があるので、中1つの月のアーチ形の図形に付いていて普通は月相機能の腕時計に付いているなこのようなマークのがあって、もちろんいくつかが10時位置あるいは2時の位置あるいはその他の位置の月相の腕時計にありがまだあります。三日月を見ていて、細い新月、上弦の月、突き出ている月、生後満1か月になって、間月、下弦月と残月は時計の顔立ちの上で循環して、手首の上で大空の宇の米を味わいます。

月相の腕時計の動作原理:

私達は月相の腕時計の上の月相の小さい時計の文字盤の変換を観察するを通じて(通って)当日の月の変化の情況を知っていることができて、この機能はでき単一の時計の文字盤設計に新しい元素を加える以外、趣味の風月の学問があり上品な人の1つの全く新しい選択に返しました。複雑なチップの月相の腕時計の小さい時計の文字盤の1週間に運行する時間を採用するのは29日の12時間の44分2.82秒(29.5日)で、月相が周期を計算するのは我が国の旧暦の古法で毎月の初一~来月の初一計算するのです。誤差を設計するのは33ヶ月の誤差1日で、3年一回必ず訓練教育しなければなりません。少し簡単な月相の腕時計の幸運な1週間の必要な時間は29日で、このようなが1年下りてきて幸運な誤差は7日で、だから学校が起きるのを加減してもう少し面倒です。もちろん後期まで着いたのがたとえばランゲの1815月相が幸運で1058年累計するのを表しを表す幸運な更に精密で正確な月相があって、誤差はやっと1日です。