« 上一篇下一篇 »

二雄対決、アテネ表では「武者単問答時計」が発売された

製表完璧な技術で有名なスイスアテネ表、再結合単問時報機能や活動人形装置、発売「サムライ単問時報時計。アテネ表の職人たちが日本で版画両伝奇武士宮本武蔵(Miyamotoムサシ)と佐々木小次郎(Sasaki Kojiro)の有名な決闘。アテネ表世界各地で探して異色の文化として時計物語デザインのインスピレーションが、今度は日本民間に広まっている2人の有名な武士対決事績に触発され、発売新作「サムライ単問時報時計。

アテネ表「サムライ単問時報時計」を搭載しUN-610自動的にムーブメントを越えて、腕時計はいささかの全体のポイントと自鸣時報の、また好みの時報。いつも時間を知らせるシステムの起動時に、盤面の武士を活動の人形(Jaquemart)が挥剑決闘。文字盤の左側、手一長一短双刀のはじゅうななじゅうしち世紀の有名な日本の武士の宮本武蔵、彼は一生に決闘60数フィールド、インデックスは、彼の宿敵も一番強い相手に佐々木小次郎。時計の文字盤に精密な彫刻のデザインは二人で岩流島(Ganryu)の有名な決闘。伝説によると、宮本武蔵は優れた策略家、彼はわざと船では遅い、待ちに待った佐々木小次郎心理状態が不安定で、最後にやっつけろ、一躍有名になる。