« 上一篇下一篇 »

機械が表すのがいつ時間を加減する最も良いですか?機械は表してどうして時間を加減しますか?

機械が表すのは主に機械運動のつくる腕時計のチップがあるので、主に自動機械式ウォッチと手動の機械式ウォッチがあります。自動機械式ウォッチはマニュアルの機械式ウォッチからモデルチェンジして来たので、技術の革新です。機械式ウォッチはちょうど手に入れる時、腕時計の時間点に対して調停しなければならなくて、正しい時間点まで(に)設けます。それでは、機械が表すのがいつ時間を加減する最も良いですか?機械は表してどうして時間を加減しますか?

一、機械が表すのがいつ時間を加減する最も良いですか?


普通が少しの全体だ時時間を調整するのがわりに良くて、手操作がおよび時間を校正するのに便宜を図ります。


―普通に22時に2時間に(部分の腕時計の20時―4時)はもう期日を調整するのに行きなくて、この形が腕時計自身の損傷とカレンダーをもたらしやすくてジャンプする精密ではなくて正確です。


二、機械は表してどうして時間を加減しますか?


最も重要で、需要は抜き出して冠を表して、腕時計のすべてのポインターに幸運なことを中止させて、加減するのを用意する時。この時時間を6時の方位(1調子の期日の時の損傷の悪がしこい心の期日のモジュールを防止するため)に異動になることができて、時計の針が6時の目盛りを合わせた後で注意深く分針を観察して12時の目盛りを合わせるかどうか。


続いて、取っ手は冠を説明して1段の(普通状況でカレンダーのランク時計の冠の引き出したの最もの以外に端)を推進して、測定してカレンダー、週の効用を調整して、腕時計のポインターはこの時始まりは正常に幸運なことができます。それから、調整してカレンダーと週正しく時間の前の日(まで(に)しっかりと心に刻みます!前の日)です。


最終、最も急所の1歩です。1段が着いて時計の針、分針のランクをやりくりするのを引き出して、冠を表してやりくりしていつも24時間まで辺の精確な時間に寄りかかりに転がります。午後2時のようです、しかし時計の針の回転する一サークルの後でまた2時の方位まで(に)やりくりして、終わって時間をやりくりします。