« 上一篇下一篇 »

金属製バンドはどうして調整してボタンを押さえますか?金属製バンドが長すぎて短くどうして調整するのを過ぎます

腕時計のバンドは腕時計の構成部分に固定するので、腕時計の必ず備えなければならない部分です。金属製バンドは腕時計の製品の中で比較的珍しくてで、よくある腕時計のバンドは皮の製品と鋼の製品で、すべて各自の特色があります。それでは、金属製バンドはどうして調整してボタンを押さえますか?金属製バンドの腕時計はどうつけるですか?どのように金属製バンドの長さを調整しますか?

金属製バンドはどうして調整してボタンを押さえますか?


1、先にボタンを表しを双方へ仕切って、少し力を使います。


2、表しててっぺんの押さえるボタンを差し引きを割り始めます。


3、割り始めた後に押さえて底部を差し引く小針がいるのを見ることができて、それは主なベルトを押さえたのに用いるのです。


4、長い端の腕時計のバンドを差し引いてボタンを押さえるのを表しに着ます。


5、自分で手動の大小によって腕時計のバンドの長さをうまく調整して、合わせて止まる孔の人に鍵をかけます。


6、小針をベルトの孔の人に刺して入る中で、力を入れてしっかりと施錠して、“たっ”の1回がを耳にします。


7、短い辺を腕時計のバンドに捧げて先に人に帰って、押すのがきつくて、“たっ”の1回が良いをの耳にします。


8、また長い辺をベルトに捧げて人に帰って、腕時計のバンドの輪に刺して入る中に、きついによってボタンを表していて、しっかり掛けました。