« 上一篇下一篇 »

贅沢品の腕時計の関税はいくらです

1981年、我が国が機械の表す関税を輸入するのは180%で、石英の電子時計の輸入関税は110%です。20年来、通って何度も下がって、今輸入する機械的な時計、電子時計の関税はすべて下がって20%以内に着いて、その上機械は2%ぐらいで、石英の時計の関税の差を表。

現在のところの国内が腕時計の関税の税率を輸入して11%―20%区間にあって、香港、マカオの関税の税率は0で、台湾の腕時計の輸入関税の税率の3%、シンガポールの腕時計の輸入関税の税率は7%で、タイの腕時計の輸入関税の税率は5%で、中国の腕時計の輸入関税ははるかにこれらの地区より高いです。

腕時計の輸入関税はもし0まで下がることができて、国内がスイスの腕時計とその他の地区の価格差を輸入するのを下げるのに利益があるでしょう、しかし腕時計を輸入する価格の構成は多い原因に影響させられて、関税ただその中一部、関税は0が価格差がただちに0まで決して縮小するのを意味するまで下がりありません。

香港と大陸を例にして、両地の異なる定価の政策の相違に対してブランド商を考慮しないで、おなじなひとつの腕時計、つまり関税0まで下がって、大陸はまたまだ増値税(17%)と消費税(20%)を納めなければならなくて、香港は皆いりません。関税が0まで下がると仮定して、いっしょに商品の価格に入るのが皆7000元で、端末の価格は10000元の(増値税が含まれてない)の腕時計で、ブランド商は少なく412.5元の税(具体的に時計を付け加えるのに会う)を払って、ブランド商が値下げが消費者にあげるのを願うと仮定して、最終大陸と香港の腕時計の価格差は17%下落から12%着きます。