« 上一篇下一篇 »

日本の万年暦の腕時計はどの―日本は万暦の年に腕時計が推薦するのです

万年暦の腕時計は実は中国人のが俗称を誇張するので、しかしイギリス人はいっそう誇張して、“永久のカレンダー”と称して、いずれにしても、腕時計の目的はユーザーのために最も精確な世界を提供するので、万年暦の腕時計は伝統の表を作成する業の三大複雑な機能の中の一つです。


万年暦の最大の特色、便は手動調整がいらないので、依然として正しく閏年の全部の時間の情報がありを表示することができて、30、31の1日の大きい小の月あるいは、4年の一回の2月29日なのにも関わらず、もっと間違いが起こる気がかりが発生することはでき(ありえ)ないです。この万年暦が表して売価を抑えることができて、最も主要な原因は搭載するMB29.15の自動チップで、それはSW300チップで制度を改めて、万年暦のモジュールを装って、要して大いに生産コストを下げることができて、その他に自分でもしチップを研究開発する、必要がコストを消費してもっと高くなったのができます。

この腕時計は日本のセイコーの腕時計PREMIERシリーズに属します。石英のチップを採用して、チップのタイプはCal.です6A32,機能は期日の表示、月の表示と万年暦があります。殻を表して腕時計のバンドとすべてステンレス製を採用して、腕時計に更に堅固で、磨損を抵抗する。防水の深さは100mに達したので、防水機能の10点(分)のとてもすばらしいの。価格2800余りグロックでさえすれ(あれ)ば!速く手をつけましょう。