« 上一篇下一篇 »

香をかいで私の心カルティエの戦車の腕時計を追って鑑賞します

“香をかいで私の心を追う”、私の最近の何日(か)のよくエレベーターの中であるいはネット上で耳にする1Lancomeの香水の広告用語で、私は言ったのがとても良いと感じます。私は1人の流行する女として必ず自分に属する風格と品位があるなくてはならないをの承認して、まさに男のそのようにようで自動車の美酒とと同じだが好きで、女も香水と真珠や宝石のアクセサリーの誘惑を逃げることができないで、カルティエは真珠や宝石界の皇帝としてもちろん同じくして女のおぼれるトップクラスの腕時計を譲ることができて、彼らの腕時計は真珠や宝石と腕時計の技術の完璧な結合で、特に今日私達の言った戦車のシリーズが世界の数名の有名な女性の愛顧その中を受けてことがあって強靱なことがあって、優雅で、セクシーなダイアナ妃、有名な映画スターの安吉のリーナ・ジュリーなどの人と。

ちょうどこの戦車の腕時計を受け取る時震撼させられたのがちょっとなんとこのようにのが精巧で軽薄でで、ローマ数字の目盛り、白い磁器の時計の文字盤は藍剣のポインターによく合ってと頭のつきあうサファイアを遠くから相呼応して、完璧なのが行いを称することができます。道理でこれぐらいの有名なレディースはそれに夢中になって、それをつけていて自分に付き添って人生の最もすばらしい時間に歩いたことがあります。私達は先に何チームの全体の効果がうつすかを見て、みんながこの1組の写真を見終わった後でどうしてこれぐらいの女がでもこの腕時計の心に対して生んで夢中になりが分かることができるのを望みます。