« 上一篇下一篇 »

数々のブランド値下げは、3カ月連続で2回連続値下げ!

今年5月には瑞表の輸出が8.9 %暴落したが、金融危機以来の最大の落ち込みを記録した後、ブランドはすっかり定着しなかったようだ。多くの有名な時計のブランドはすべて値下がりして消費者の目を引きつけることを選んで、イタリアの有名な時計のブランドのペナニーは意外にも3ヶ月の内に2回値下がりしました!

この時計の「値下がりブーム」には、多くの有名な時計ブランドが広がっています。ロレックスもその中にいる。「あれらと毎年数百万枚の時計を量産しているブランドとは違って、百ダブリーの年の生産量は限られていて、基本的に2万- 3万枚で安定していて、その利益は価格の上昇により、売り上げの拡大ではない」としている。業界関係者によると、これまでの値下げ戦略は、この世の中で「独孤求敗」の「表王」にとって、競争相手がほとんどいないため、効果的に値下がりするよりも、価格を引き上げて利益を勝ち取ったほうがよいという。

より多くのブランドにとって、状況はあまりにも同じではない。

ある瑞表代理店によると、最近の3年間で値上げや値下げをしていないロレックスは、実際に同業者の動きや顧客の反応に注目しているが、最近の延保政策も同じレベルのオメガとの競争力であるかもしれない。年、「中国では、オメガの販売はロレックスよりもっと良い」

ダブリーリーやロレックスのほかに、これまでの瑞表ブランドもあまりにも変わっていない。

例えば、厳しい峰の腕時計ブランドのナミ海は、今年は2回連続価格を下げ、2月に公価引き下げを発表した後、5月にも公価引き下げ、下落幅は5 %前後となった。また、これまで姿が高くなってきた腕時計ブランドの江詩ダントンさんは、去年、価格を下げた後、今年もぜいたく品の値下げに従って、再び値下げしました。

「経済的な大環境の影響に基づいて、低端のブランドに対して、ハイエンドブランドが直面する販売圧力はより大きく、現金の流れもさらに緊張するので、価格などの策略を急いで販売していく」と述べました。業界関係者は。