« 上一篇下一篇 »

ヨーロッパが腕時計を買うのはどこが一番安いですか。ヨーロッパは時計の一番安いところを買います

外国に行って時計を買います、必ずしもスイスに行かなければならないとは限らないですが、実はスイスは時計がとてもそろっていますが、価格はあまり安くありません。最高の選択はスイスの隣国で時計を選んで、最大の割引を取ります。

少女峰(Jungfrau)

少女の峰はただ1つのカウンターで、表肯定の種類は多くなくて、しかし良い割引価格を手に入れることができて、同じ時計はスイスの各都市の価格も異なっていて、まだ割引をしていません。例えば少女峰はロンジンを買って、現金9割引、カードで92割引、さらに7.6税を退ける。産地の割引も違いますが、スイスに比べて比較的に割安です。

ルツェルン(Luzern)

スイスのルツェルンの時計は基本的に中国人に陥落されました。いくつかの黄金地の旗艦表はまるで中国人の天下で、また深センのマーケットの中国語の広告、中国語のサービスに着いたと思っています。中国語の店員だけでなく、外国人の店員も中国語も上手ではありませんが、初日の初日にお店があると聞きました。

ウィーン(Vienna)

ここ数日、オーストリアで時計を買うのはヨーロッパの他の場所より安いのです。ガイドによると、オーストリアは単筆で7000ユーロ、税金の退税率が15 %に達したため、時計製造大国のスイスは8 %以上である。ウィーンの歩行者街では、表を売っている店は多くなく、規模があるのは2軒だけで、その中の1家は多くの人によく知られているました。もし百達麗な話を買うなら、他のものを買うのと同じように、選ぶことはできません。従業員は一般的に最も多く2つの塊を持って出てきて、たくさんのデザインが見つかりにくくて、かつて友達が香港から1項目を見ていることがあって、しかし香港は商品がなくて、ウィーンに着いてもやはり商品がないということを知りました。3万匹くらいしか生産されていないので、具体的には各モデルになると少なくなります。