« 上一篇下一篇 »

ほっそりとしている手首の上で開放しだす咲き乱れる花のロマンチックな情

女と花、分からない縁。昔、女は花で紅、リップグロスをつくって、器用な化粧の派手な容、あるいはかんざしの春の花はつを出すに、姿の色彩に揺らめきます。目下、流行の大家は派手なのが好きになりに対して女性に精通して、ファッションの上で花の風を盛んにするだけではなくて、甚だしきに至っては腕時計の領域も春の花が色鮮やかで美しいです。花を設計のテーマの腕時計にして、際立っている巧みな構想・考案は、は時計の文字盤は、形を表す、甚だしきに至っては腕時計のバンド上で精妙な設計が芸術の品位、を成し遂げても女の計略の上で種類の風情を開放しだしを譲ります。

皇室の時計の花は寵愛します

2004年、1モデルは“Peony”の懐中時計といってオークション上で現れて、世界各地の収集家の反響に強烈にならせます。この時計は中国古代皇室の秘蔵品で、その精巧で美しいエナメルは感嘆させられるのに絵を画きます。その時計の殻の背面は赤色のエナメルで中国のボタンのおっとりして美しい図案を描写しだして、かつ真珠で花弁のへりを描き出して、花の3次元の立体感を与えて、芸術の傑作を称することができます。古代、表を作成する大家達中国市場のために製造する懐中時計の中で、花卉、1つのとても普遍的な題材です。

花のテーマの下で、たくさん巧みな構想・考案の表を作成する大家に富んでただ春の花の美しいだけを表現するのに甘んじないで、彼らは視野を広く開拓して四季まで着いて、あるいは同一のシリーズのを使って不一致モデルを表して四季の異なる花卉を表現しに来て、あるいは同一のモデルで体現していて四季の花の更迭激しく変わりを表します。