« 上一篇下一篇 »

四大日本の腕時計のブランドはあれらですか?

日本の腕時計、科学技術を伝統の腕時計に溶け込んで、腕時計面目を一新します。市場の中で広く消費者の好評を受けます。それでは四大日本の腕時計のブランドはあれらですか?次に腕時計の家はみんなのために紹介しに来ましょう!


  カシオ


  カシオ会社の創業したのは現在すでに着いて計算器、電子腕時計、電子楽器、液晶テレビなどの製品を持ちに発展したのに始まってコンピュータメーカーのカシオ計算機株式有限会社になって、これらの製品は世界各地の人々に情報を得るように助けます。


  カシオの腕時計は日本の三大ブランドの中の一つで、数年間本当に多機能G―SHOCK腕時計で世界に知られています。カシオの腕時計の代表した活力、若くて、流行して、多機能のブランドイメージのすでに深い人心。カシオ会社はずっと技術が同業者でリードするのを自分の務めにして、数年来でも技術の突破がありました。


  セイコー


  セイコー(SEIKO)TYO:8050は一つの有名な日本制表会社で、1881年に作りに始まって、会社の元の名前は服部時間単位の計算店で、1892年にセイコーに改名して捨てます。1924年、第1匹発表して正式にセイコーのブランドの腕時計を使います。1969年、セイコーは世界で第1モデルのポインター式のクォーツ・ウォッチ―SEIKOASTRON[35SQ]を出しました。


  SEIKO(セイコー)は腕時計がプライバシーの友達を深く信じます。最も良い腕時計はつけるの者と符合する息が合う感覚があるべきで、その上腕時計の提供した機能はつける者のために安心していて信頼できる感覚と感情の上の満足に持って行くことができます。SEIKO(セイコー)の科学技術は研究開発するのは“科学技術にヒューマナイズする”に発展するのに力を尽くします。科学技術にヒューマナイズして腕時計の製品とつける者間をインタラクティブな連絡が発生させました。