« 上一篇下一篇 »

機械表の値段はどうしてそんなに大きく違いますか

機械表は身分の象徴であり、高級機械表を持つことが誇りである。しかし、腕時計を知らない友人にとっては、機械表の価値を理解するのは難しい。機械表価格の差には分かりません。それでは機械表の価格がどうしてそんなに大きく違いますか。

機械表の値段はどうしてそんなに大きく違いますか。

時計の価格は二つの部分から構成されていて、一つは商品そのものの価値、一つはブランドの価値です。ブランドの価値は、時計自体の価値よりも大きいと思います。腕時計自体の価値は、税額代理店の利益、ブランド商利潤、広報保護の費用消費の拡大を経て、レバー効果が発生する。簡単に言えば、価格増加の幅はコスト増加の幅より大きい。腕時計の一つ一つを修正して、腕時計の価格に大きく変化する。

価格の高い時計は相対的に安い時計よりも仕事がもっと良くて、機軸がもっと安定して、更に長持ちして、精度がもっと高くて、機械の美感はもっと強いです。時計の価格は数千元の差があって、本当の違いは非常に大きくはありません。価格の構成はほとんど税の代理店の利益、ブランド商の利益、広報のメンテナンスの費用、少ない部分のお金はやっと時計の自身に使用されます。値段が数万と違うと、その差は明らかになった。