« 上一篇下一篇 »

この時計を買うな

自分や他人に対するご褒美であり、その喜びを十分に楽しむべきである。

しかし、一部の表友たちは、認識不足やボノノイド盛、買い手の精精など、各方面の主客観の要因によって、後日、残念なことができるようになった。

この期には、「良心のアドバイス」を提供してください。どんな腕時計は買わないで、贅沢な時計を買うときに後悔している気持ちを避けることができます。

数年前、多くのブランド高管は人々が腕時計を通して読む時の観点を受け入れることを受け入れて、彼らは腕時計がもっと多いのが装飾性を体現しているか、あるいは味わうことだと思っています。しかし、結局、時計の道具性を無視することはできません。時計をつけていないと腕時計に頼ることはないと信じている人が多いと思いますが、つけたら、どんどん頻繁に腕を上げて時間を見ることができます。