« 上一篇下一篇 »

縁があってロレックス黒水の幽霊に尋ねた誠意の自然があります

対象計画の1人と1ブロックリストを買って、資金が有限なため、入門する級のロレックスを買うことしかできなくて、水の幽霊は第一選択になって、対象の目標はオメガの星座です。上ロレックスの公式サイトは営業時間を見て、結果の公式サイトの上で8:00まで月曜日の営業時間の午後の4:00―を表示して、そこで気がもめる気持ちがあって食事をして、ご飯を食べ終わって扉の行く時計の行を突いて、入って後で直接図を持って2人の水の幽霊を聞いて、結果は寒くなったのが告知するに商品がなくなられます... この時幸い以前は繰り上げて攻略を見たことがありに来て、足元をしっかり固めて、引き続き中へ行って、1人の従業員を探してその他に聞くのがあってか、同じく告知させられて商品がありません。このようであるからには硬軟両様の戦術で時間を持たせたのを始めることしかできなくて、この時私の聞いた1つ目の従業員は見えてきて、すべて私に私にどうしてまたもう一つの従業員に聞きに行った商品がないをの教えるのを聞いて、私はとても誠意があったのは水の幽霊を買うことがどうしてできるかを聞いて、彼女はそばの従業員を聞き終わってと耳打ちして1会、それから私にいつ離れるのを聞いて、彼女を受けて私を座らせて1会、この時私は見込みがあると感じて、1会は1人の男性に来て、店長の類のであるべきで、従業員とまた耳打ちして1会、その従業員は後ろの小屋の中からひとつの黒い幽霊を取り出して、ひとつこれしかないと言います。この時心の中はすでにひそかに喜んで、しかしまた(まだ)わざと落ち着けて、続いて値段を付ける一環に着いたためです。


値段を付ける手段は基本的に兄弟のように仲が良いで、店長は経験もあります... この時私達は1モデルの女性を買って表すと言って、2つがあげるのは少し安くて、それから星座の図を取り出して、結果は彼らはなくて、しかし1モデルのドリルを持つオメガの4万余り人民元(型番をあまりわからない)の対象を取り出してその他に星座がないをの私に言って、グロックのロレックスを買うほうがいくて、それから彼女に1モデルの5w以下のレディースのロレックスを推薦させて、結果はまたないと言って、直接2つの10w+のを取り出しました... これは本当に買えないで、彼女が何交渉したの後にと、1モデルの似ている女性版の日誌の時計を取り出しました(具体的な型番が...を知らない)、は対象がとても美しいと感じる、引き続き1回値段を付けて、交渉する後で、ためらわないでカードで払います。後ろはロレックスを通ってすべて入って1聞いて、やはり幽霊がなくて、運動してモデルすべて見にくくて、最後にひとつ間金藍は(ただ予算を超えるだけが見えて、残念な思い)がありません。