« 上一篇下一篇 »

ゴムの腕時計のバンドはどうしてきれいに洗いますか?あなたのために2つのゴムの腕時計のバンドのきれいに洗う方法を紹介します

腕時計のGGMM達を連れてすべてこのような経験がありを信じて、腕時計は丸1日を待って、夕方家に帰って取る時発見して、腕時計の腕時計のバンドの上はすべてすべて汗で、事細かにかぎますと、漂ってくる1筋の淡く微かな異常なにおいがもあって、特にゴムの腕時計のバンド、通気性はまたよくありません。これは各位のGGMMを頭が痛くてやまないことができます、特におとめ座は清潔な癖の子供靴があって、それではゴムの腕時計のバンドはどのようにきれいに洗いますか?次にいっしょに見てみましょう。

ゴムの腕時計のバンドのきれいに洗う方法の1:

準備作業:一本の古い雑誌、ひとつの清潔なラップフィルム、ひとつの古い歯ブラシ、洗いと賢いです。

操作の過程:まず私達はラップフィルムを雑誌が畳んでとと置く一緒に、また彼らをいっしょに円筒に巻いて、このようにして1会が腕時計のバンドをきれいに洗いを防止することができる時本を濡らします。それから腕時計をこの巻いた円筒上でつけます。雑誌の巻く円筒を使いをゆっくりと大きくして、ずっと腕時計のバンドをまで(に)全く支え始めて、腕時計は落ちることはでき(ありえ)ないです。一方をこのようにするのが1会がきれいに洗う時ために便利で、更に重要なのが腕時計のバンドを支え始めたのになった後に、腕時計のバンドのすきまのつきあうしつこい汚れのお手入を清潔なことができます。今私達は腕時計のバンドをきれいに洗いに来ます。それとも私達は先に腕時計のバンドの表面をきれいに洗って、それから腕時計のバンドのすきまの中のしつこい汚れをきれいに洗います。これらのすきまの場所の接続はとても緊密で、だからふだん中の汚いものをきれいに洗うのが清潔でとても困難です。今これらのすきまの場所は書籍のなる円筒に支え始められて、自然に着く中の不正品をきれいに洗うことができました。

私達はまた腕時計のバンドの背面をきれいに洗いに来て、同様に先に表面のしつこい汚れをきれいに洗います。続いて、すきまの中のしつこい汚れをきれいに洗います。すきで、今仕事をきれいに洗ってすでに完成しました。最後は私達が清水で腕時計のバンドを洗うのが清潔です。の工程ですべて完成して、残る事は腕時計のバンドを日陰で涼しい場所に置いて乾かすで、くれぐれも破裂して日に当てることはできないにの注意して、腕時計のバンドの品質を損ないます。