« 上一篇下一篇 »

完璧なシンボル――“ジュネーブの印”の12掟

いわゆるジュネーブの印(Geneva SealあるいはPoinですか?on deGenニve),今日の用語に販売するで、“AMG名称・製造者・性能の表示札”或いは“HandMade”のこれらの品質保証標記すると言うことができます。当時、ジュネーブ地区の表を作成する業界は本当にジュネーブ地区の生産した時計で保障するため、その他の場所あるいは国家の作った腕時計が偽物を本物と偽りを免れて、非常に悪い製品で“ジュネーブの製造”の名前と号を刻んで販売して、そこで1886年にジュネーブの時計同業組合から“ジュネーブの掟”(Ecoled'Horologerie et d'Electronique et d'informatique Section Poinを締結しましたか?on deGenニverte du Pont-Butin 43 1213 Petit-Lancy GenevaSwitzerland),掟の作ってくる腕時計に合って通って検証して、チップの添え板上で“タカと鍵”の盾の図案のジュネーブの徽章を彫刻して表すことができます。現在のところは今なおしばしば経験して何度も改正しのでことがありを締結する12条の“ジュネーブの掟”が全部で、時代の転換を組み合わせます。

去年ちょうどその誕生125周年に会った時、“ジュネーブの印”は表を作成する技術に順応するために材料と日進月歩で新しくなって絶えず革新する傾向、その標準に対して更に進歩を行いました。 2012年から、“ジュネーブの印”はただチップだけに適用して、全体の腕時計に対して認証するです。腕時計のモジュールの生産、腕時計に対して流れを作って更には完成品の腕時計の検査もシステム化を形成するのを求めて、標準的で更に苛酷で、しかもジュネーブの独立機関から必ず実行しなければなりません。チップは政府を獲得して認証した後に“ジュネーブの印”の標準的な測定を通してそして、当局は依然として企業に対して行って定期的に検査に突撃して、全部流れを生産して要求に合いを確保します。検査する時特に腕時計の組み立てを綿密に調査するの、を学校がと殻を設置して確かかどうかに加減するのはジュネーブ市の境界内が行う、同時にチップの品質を組み立てるのと部品を生産するのを評価しなければなりません。