« 上一篇下一篇 »

非常に強い機能は集に相当してRichardMille RM を鑑別評定します011 BlackKiteは飛んで時間単位の計算の腕時計に帰ります

 去年の夏季にRM011を出します Red Kiteが時間単位の計算に帰って制限したのをモデル飛んだ後に、RichardMilleは現在それに似ているようにBlackKite出して、BlackKiteは採用するのは声がかれてつやがある黒色DLCチタン金属は作って、似通って身を隠しますやみ夜にの中の鳥類、神秘的で鋭い知恵。もちろん精巧で美しい外形のこの腕時計の便利なのもの機能で決して見劣りがしないだを除いて、腕時計の政府の通し番号は:RM011 FlybackChronograp。

リチャードとミラーの友達を熟知するのは恐らくでもこのように誇張する外形に対してよく知らなくありませんて、今回のこれが飛ぶのは時間単位の計算の腕時計に帰る同様に誇張する設計を採用して及びその独特なスポーツの風格を明らかに示すのです。

図の中から飛んで時間単位の計算の機能に帰る以外容易に見て取れて、腕時計はまた(まだ)60分のカウントダウンを提供して、期日と表示して、月表示する機能、続く文章の中でをみんなは1つ1つ注意深くこの腕時計に紹介しに来ます。

 腕時計の外側は50x40ミリメートルのチタン合金を採用して製造して、厚さは16.15ミリメートルです。飛んで時間単位の計算の機能に帰る以外また(まだ)また期日表示する機能を配備して、腕時計のバンドは黒色のゴムの腕時計のバンドと黒色のためにボタンを表して、全体はブラック系を主なにして、赤色と黄色は飾りを添えるとして腕時計の設計上で現れて、全体に更に太くて狂う男の風格を現させます。