« 上一篇下一篇 »

ロレックスのカキ式の腕時計のバンドの史(さん)Part 1

夏は鋼の持つ季節に属するのです。


鋼質が一晩じゅうの冷気にびしょぬれになる時に、朝に計略の一瞬の間をかぶせて、それは氷のように冷たく人に生きてこさせました。

ロレックスのメインカキ式と5玉の鎖が持つ中で、友達を表して何度もカキ式の大好きなことに対して話題にします。私は考えて、時に研究してこのシンボル的な腕時計のバンドをおりたのです。


実は、私前のはの本番の画像の中で文をおして中、重点的に潜航者のカキ式の腕時計のバンドの細部と光の屈折を体現していて、これはもしかすると偶然に一致する伏線だと言えましょう。


Oyster・地位


いいえ誇張して言って、カキ式の腕時計のバンドがロレックスの歴史の中で全局面を左右して、甚だしきに至ってはカキ式と殻を表して同列に論じることができます。今日まで、それはすでに70数年の歴史を持ちました。


現金のカキ式の腕時計のバンドと今人気がある潜航者、グリニッジは完璧に結び付けて、腕時計のバンドが心地良いだけではなくて手を貼って、そしてカキ式に頼って安全で差し引いて、しっかりと信頼でき人を安心させます。