« 上一篇下一篇 »

“毎日の1がひどい”の10モデルの人気の腕時計は大いに棚卸しします

腕時計の之家政府のミニブログの始める“毎日の1がひどい”は1から始めて多くの時計の友達達の関心を受けました。腕時計は男の愛玩したの“毒物”として深い内に集める魅力で多くの人にこのために心を奪われるように引きつけていて、その結果中毒はすこぶる深く自力で抜け出せません。1モデルの人に心を引かれさせる腕時計は時には更に随時随所にあなたと気持ちの古くからの友人を分かち合うようで、もしかするとこれはそれの最も致命的な毒薬です。“毎日の1がひどい”の発表する時計のモデル次第に多元化に伴っていて、システム化、友達達を表す反映も非常が熱烈であるです。今日腕時計の家があなたのために近頃を整理して棚卸しして“毎日の1がひどい”の中国ラジオが友達達を表して好感の大の暑いデザインを支持するのを受けて、あなたのもっと良い理解のこれらの猛毒の比類がない腕時計に低い誰まで(に)謎達心の中のNO.を表させます1。


これはドイツの国家の尊厳の拉蘇蒂のブランドはずっとその優雅な設計の堅固な仕事で有名で、簡潔な小さい3針の設計の白色の時計の文字盤はよく合い始めて優雅な風格が抜群で生んで、たくさん友達を表してすべてこのようながとてもしかもこのような設計は親民の価格もたいへん人に受けることができるのが好きだと表します。この腕時計は比較的すばらしい手動の機械のチップを採用して、殊勝なのは定価の2万以下での機械の腕時計がまた(まだ)動力の表示機能を持つことができるのです。


友達達を表す劇は語って、金が働くのはそれぞれの腕時計が好きな人の逃げることができないのが略奪するのとで、このモデルは職業のパイロットと長い図の旅行者量のからだだけのために製造して、しかし双方向の回転する24時間の目盛りは表して24時間のポインターを閉じ込めてと、同時に2つの異なる標準時区の時間を掌握することができて、しかし単独で学校の12時間のポインターが手っ取り早い調整つまりを通じて(通って)新しい標準時区まで(に)変えるのを加減して、全体の18k黄金の設計は更に大衆の多重リストの友達達を喉から手が出るほどほしくならせて、乗りかかった船。