« 上一篇下一篇 »

シャフハウゼンIWCIWCのポルトガルの航海するエリートの時間単位の計算の腕時計の特別な版

シャフハウゼンIWCIWCのポルトガルの航海するエリートの時間単位の計算の腕時計の特別な版

ボルボの環球の帆船試合は帆船界のの“チョモランマ”を称することができて、この高レベル試合の2011―2012年度の試合のを組み合わせてため開幕する、試合政府のサイクルコンピュータのシャフハウゼンIWCIWCを担当して、特に全く新しい腕時計のシリーズを出します:ポルトガルの航海するエリートの時間単位の計算の腕時計の“2011―12年度のボルボの環球の帆船試合”の特別な版、6本の参加チームのあったチーム意識と勇気に向って敬意を表します。同時にシャフハウゼンIWCIWCもアブダビのボート・レースのチーム公式スポンサーで、ブランドが初めてチームの運動する試合に足を踏み入れるのです。

“この競争が激化した環球の帆船試合は最も苛酷なチームの試合の中の一つを求めるので、演劇性を満たすだけではなくて、かつ危険な状態が続出します。”シャフハウゼンIWCIWCの行政の総裁の喬祺斯(GeorgesKern)は会社がボルボの環球の帆船としてパートナーの決心と投入を競いを表明します。“試合に参加する専門の選手達は毎日挑戦の極限、シャフハウゼンIWCIWC顕彰の選手達のために公海で極めて悪い条件下で依然として完璧なチームの協力がスポーツ精神、と1モデルの特別な版の腕時計を捧げたのを表します。”世界の最も勇敢な水夫しかなくてやっとボルボの環球の帆船試合中で帆をあげて出航するのに勇気があって、共9場の環球の試合に参加します。世の中の最もきわめて困難で最も壮観な海上の試合のボルボの環球の帆船試合を称することができて、明日にあるをスペインアリカンテで(Alicante)は出航して、6大陸の4大洋を通り抜けて、最後に2012年の夏にアイルランドゴールウェイで(Galway)は終わります。試合の時に、各参加チームは39航行するのを、270海里(72、728キロメートル)、全世界の最も険しい海域を通り抜けます。選手達は各種の極限に遭遇するのを挑戦して、で氷のように冷たくて身にしみるあらし、15メートルの高い大きな波と永遠に止まることがないような海面の対抗の中で、副腎ホルモンを経験して体内でほとばしります。努力して記録するに過程でラスト・スパートをかけたのを始めていて、船の11人の選手と少しの睡眠時間を持つことしかできなくて、ほとんどプライバシーがなくて、寒くて乾く食物を食べていて過ごします。へのためにこのは9ヶ月の比類がない試合と選手達の傑出している振る舞いを期間にして敬意を表して、シャフハウゼンIWCIWCは特に全く新しい腕時計を出します:ポルトガルの航海するエリートの時間単位の計算の腕時計の“2011―12年度のボルボの環球の帆船試合”の特別な版。