« 上一篇下一篇 »

アテネのマネージャーの両標準時区の腕時計

瞬時に千変万化する社会の中で、時間の分配を掌握するのにわかって、成功を掌握することができます。《マネージャーの両標準時区の腕時計》はアテネが高位のマネージャーの製造した時計のモデルだけのために表すので、腕時計の外側のコースはと早く押しボタンがハイテクの陶磁器の材質を採用するのを加減して、摩耗しにくくてしかも無限なアイデアを兼備します。選択を供える18Kバラの金とステンレスの2種類のデザインがあって、絶は高位のマネージャーのなくてはならないのが選ぶのに対して。


ただ1つの黒色の表面、とても大きいローマ数字を付けてある時標識と線の明らかな立体のポインター;設置して6時(点)と2時に位置がそれぞれ用意するとても大きくて小さい秒針と特許の両窓口の大きい期日表示するのがあって、それは顔立ちを大きくして時間にはっきりしていて読みやすくて、更に巧みな構想・考案に会います。


《マネージャーの両標準時区の腕時計》は特許の両標準時区を添えて早く装置を加減して、設置して10時(点)と8時に位置(+)と(―)の押しボタンが皆ハイテクの陶磁器で精製してなって、軽いはのによって時計の針を迅速に学校~もう一つの標準時区に加減します;9時に位置の窓口は「もとは位置して時間だ」を表示することができて、たやすく両地時間を掌握することができます。


配装アテネUN―24は自動的に鎖のチップに行って、サファイアのクリスタルガラスの後で底を透視するのが表すことができる辺鄙で、チップのすばらしい運営は一目で分かります。


直径は43ミリメートルで、《マネージャーの両標準時区の腕時計》ごとに全て独立が通し番号いて、そして黒色の漆面のねじ込み式に冠を表すように選択して使用して、つける者を一挙手一投足の間で十分に優雅な風格が現れさせます。