« 上一篇下一篇 »

超時空は同居して、私はこの主要な部分の“かすが男性だ”を好きになります

映画の中の愛情のストーリはいつも紋切り型で、2人は好きなのを始めてと甚だしくて、いつもこのようにあるいはそのような原因分けてのため最後に着きます。だから監督、シナリオ・ライター達は知恵を絞って私達のために同じではない愛情のストーリが現れたくて、あるいはあるいは悲愴に笑いを取って、意図は儲けて観衆の涙あるいは笑い声に足ります。しかし最近上映する1部の《超時空が同居する》、観衆が笑う中に涙を持ちを譲って、全行程は“小便が注文する”のは少しも整部の映画を見終わっのでありません。監督はどうやり遂げるですか?この映画の主演の雷のよい知らせとトンの美しいyaはまたどのように役を解釈したのですか?私はなんと最後で雷のよい知らせのこの主要な部分の“かすが男性だ”を好きになりましたか?

映画《超時空が同居する》は雷のよい知らせ、tong麗yaを主演します

超時空が同居するは徐崢と役者の陶虹に商品の製造を監督します

ジャガー・ルクルトの北の家屋のシリーズの9028480腕時計(時間単位の計算が表す)

当劇のは徐崢に商品の製造を監督して、発表会の当日で1モデルのジャガー・ルクルトの北極星のシリーズの腕時計をつけました。実はこの部の劇の中で、徐崢は1つの“海底をすくい取る”の面を引っ張る先生を演じて、笑いぐさが十分です。陶虹は劇の中で特別出演するでひとつの高級の時計店の店長、その上ジャガー・ルクルトのが店鋪を専門に経営するのです!