« 上一篇下一篇 »

現代に解け合って漢のミルトンの2015バーゼルの新作が男性で表します

漢のミルトンの時計のモデルは濃厚な米国の范を持っていて、しかもスイスの表を作成する優良な伝統を維持します。今年漢のミルトンの新作の腕時計が更新するのがたくさんで、普遍的なデザインの私にあげる感覚はアメリカンの腕時計の丈夫な覇道の息場の外、更に多くなった何分(か)の現代ファッションの息を保留していました。その上漢のミルトンのブランドの影響力もだんだん大きくなるで、映画の中ので上で鏡は高を率いるだけではなくて、周囲の友達の漢のミルトンをつける友達もだんだん多くなるで、この歴史は悠久なブランドがだんだんみんなに好きになられることを信じます。

1モデルの漢のミルトンのルピアの形の腕時計をつけたことがあってことがあるロックの王の称のエルビス・プレスリーがあって、今年ちょうどエルビス・プレスリーの誕生80周年、漢のミルトンは特にこの小包の超COOLの黒色の上着の全く新しいルピアの形の腕時計を出します。その鏡映面はひとつの大の弧度の切断する円のアーチ形のサファイアで、殻の造型を表して満たして現代思って、何モデルもの設計する個性的な腕時計のバンドによく合うことができます。この腕時計の搭載するチップは大幅な技術を採用して、動力が貯蓄する時長く80時間ぐらいに達することができて、ちょうどエルビス・プレスリーを紀念する誕生の80周年のテーマにも呼応しました。

腕時計の全体の黒色は主なで、12時~3時(点)の目盛りと秒針ダイダイ色で飾りを添えて、腕時計ハーフバックの流行、活力あふれ見えるのをさせます。以前はブランドの出したルピアの形がモデルを表したのが大部分が制限したのがあまり買うことができないので、この腕時計は制限して生産がなくて、その上外観とチップの上である程度上がります。