« 上一篇下一篇 »

中のめでたい自由貿易協定は正式に1万元のスイスを締結して表して300元下がります

昨日、中国と―スイスの自由貿易協定は正式に締結して、スイスを輸入する時計の価格は下がって多くの市民の関心を持つ問題になるかどうか。今日の午前、記者は、は部分の代理購入商とスイスの腕時計の代理店所が知る、短期内からスイスの腕時計を輸入する価格は下がることはでき(ありえ)ないです。


調査によると、中が貿易の協定が発効した後にからめでたくて、中国側は瑞方84.2%の出口に対してを最後にゼロ関税に実施して、オメガ、ロンジン、ティソ、梅の花、スウォッチなどは中国の民衆の愛顧の腕時計のブランドも値下がりする行列を受けます。


今日の午前、一部のスイスの腕時計のネットワークは商を代理購入して語って、スイスの腕時計の価格は下がることはでき(ありえ)ないです。明確に表す商店があって、代理購入実際にはすでに“免除する”関税の価格のため、その上国内の代理購入商は多く米国、日本と韓国のコーナーから代理購入するので、そのため受けて貿易の協定の影響からできないでとても大きいです。 


税関のデータは表示して、現在のところ、腕時計が税を輸出入するのは11%―23%で、増値税は17%で、1万元の腕時計を上回ってその他に20%の贅沢品の消費税を徴収します。 


帳簿を計算します


税関によって定めて、1匹の輸入値段を1万元の腕時計にするのは例で、貿易の協定から第1年内発効して、315元ぐらい減税するでしょう。